悲観と楽観

私はよくYahooの掲示板を見ています。

 

最近は専らイーレックスの掲示板を見ています。

 

たま~に「おおっ!」と思う素晴らしい情報があるので眺めていますが9割5分以上は何の価値もないクソコメです。

 

やれ、

「信用買いが多いから~」

「チャートが○○だから~」

「○○のテクニカルだと~」

こんなのはクソの役にも立ちません。

しかし、この辺はまだ理由があるだけマシな方かもしれません。酷いのになると買ってもいないのにいちゃもんつけたり何の理由もなく一方的に煽ったりしてますからね。

 

そして株価が上がれば楽観的な投稿が多くなり下がると悲観的な投稿が増えるを繰り返します。

 

特に下落局面ではクソコメのノイズに惑わされ勝手に不安になってる人とか出てきてカオスな状況を作り出しています。

 

イーレックスは将来的にバイオマス発電で350MWもの発電容量を見込んでおりFITで買い取りされるためこれだけで500億円以上の売上となります。

 

さらに代理店各社の営業で小売事業での売上も増えているので日々確実に前進している訳です。

 

数年先を見れば今よりも株価が上がっている可能性は非常に高いと言えます。

 

もちろん、数年間もあればテンバガーになるような銘柄もいくつも出てきて、そういう株を買った方が効率が良いよという人もいるかと思います。

 

それはそれで間違いではありません。個人の判断で投資すれば良いだけなのですから。

 

でも売買に失敗したからといって掲示板でクソコメを垂れ流すのは勘弁してもらいたいですね。