くりっく株365は見送り

くりっく株365はなかなか面白そうな商品だと思ったのですが色々と思うところがあり投資を見送ります。

 

まず資金力が必要です。例えばNYダウだと1枚持つのにレバ1倍で200万円以上必要です。

 

仮にレバ2倍でも100万円です。配当狙いの長期投資ならレバは2倍が限界ではないでしょうか。

 

しかも配当再投資なんてとても出来ないですよね。

 

「ダウが10,000ドルまで下がるなんてありえない。だからレバレッジを上げる」

 

こういう考え方も、もちろんありだと思います。仮にレバレッジを3倍、4倍と上げていっても即破産することはないと思います。

 

ですが、○○ショックとかが来たときに精神的に耐えられるとは思えません。

 

例えばですが……

 

1枚当り証拠金を50万円用意したとします。証拠金500万円で10枚買いました。

 

ダウが20,000ドルから19,000ドルへ下落しました。

 

このときの含み損は100万円です。たった1,000ドル下げただけで資産の1/5が溶けてしまいます。

 

そしてどこまで下がるのかはもちろん誰にもわかりません。

 

何かのきっかけで信用収縮が起こればボラが拡大し想定以上の下げになるでしょう。

 

こんなリスクを抱えつつ長期投資なんてとても無理です。

 

もし、指数×100ではなく任意の量で買えるのであれば多少レバレッジをかけても給与から毎月1枚ずつ買うなどして買値を分散させリスクを下げやすくなると思います。

 

しかし、レバ2倍で1枚買うのに100万円必要のなると私くらいの資産では買える量が少なすぎて上手く買値をバラすことが出来ません。

 

さらに配当狙いなのにダウには配当利回りの低い銘柄も多いため結局利回りが低くなってしまいます。

 

シーゲル流でいくなら低い利回りの銘柄は不要ですし1枚が大きすぎて配当を再投資するのも難しいのでよほどの資産家向きの商品かなと感じました。

 

レバ1倍なら優良な高配当株を買った方が良いですしね。

 

っていうことで今回は見送ることにしますがもし○○ショックとかきて安くなることがあれば買っても良いかなっていう感じです。